投資信託運用会社について

関心が高まる投資信託

信託

投資信託運用会社の役割

国内金利がゼロに極めて近い水準で推移し続けているため、銀行預金以外の金融商品への関心が高まってきており、その中の一つとして投資信託があります。この商品は最低取引額が他の商品よりも低く、殆どの商品が最低一万円から購入することができるため、多くの人々から人気を集めております。その中で投資信託運用会社は、商品の設定を行い、投資家から資金を集めます。集めた資金を信託会社へ分別保管の依頼をすると共に運用の指図を行うという役割を果たしております。投資信託運用会社によって様々なテーマの商品を設定し、運用を行うため、商品の開発能力と資産運用能力が非常に問われる重要な役割を担っているということができます。

信託の仕組み運用会社とは

投資信託は投資信託運用会社と信託銀行の2つの会社がそれぞれ別の役割を果たしています。運用会社とはどのような運用を行うのかを決定し戦略をたてて、売買の指示をだしたり、投資家にファンドの情報を提供したり、ファンドを設計したりしています。一方銀行はただ、その資産を預かることが役割です。つまり投資信託運用会社は預かった資産を自身の口座で持つことを禁じられています。預かった資産を流用してしまうなどの被害から守るために、必ず別勘定で運用することが義務付けられているのです。パンフレットなどに運用、預かりに2社が記載されているのはこのためです。

↑PAGE TOP