投資信託に関する2つの役割り

投資顧問の役割り

信託

投資信託の信託銀行の役割

投資信託は信託財産をあずかる信託銀行と投資顧問などの運用を指示する会社の2つがそれぞれの役割をしています。顧問会社は運用のアドバイス、指示、商品設計などを行いますが、信託銀行は資産を預かる事がその役割です。顧問会社が顧客から預かった資産を自己の会計で運用することはありません。これは、顧問会社による資産の使い込みなどを防ぐために行われている措置で、あくまで、顧客が資産を預けるのは銀行です。そのため、ファンドを解約した場合には、銀行(顧客へは、証券会社などの仲介業者を通じて)から資金が振り込まれることになります。

信託銀行を利用する時

投資信託商品とは、専門のトレーダーに自分の資金を預けて、運用をしてもらい、そこから得られた利益を分配してもらえる商品です。自分で株式や債券の銘柄選びをすることなく利益を享受できるので、資産運用の知識がない方でも気軽に開始することができます。投資信託を利用するときには、信託銀行などで商品を購入することが必要です。実際に資金を運用するのは別の会社ですが、商品の売買を行なう代理店としての役割を信託銀行が担っています。この仲介会社に支払う手数料は会社により異なりますので、同じ商品を購入するときでも負担額が異なることがあります。

↑PAGE TOP