投資ファンドで集めた資金

投資ファンドを組成

信託

投資ファンドにおける各社の役割

投資ファンドを組成する場合、運用会社と信託銀行にはそれぞれの役割があります。運用会社は商品を設計したり、運用の指示を与える事が主な業務ですが、信託銀行は投資家から資金をあずかるのが業務です。つまり、ファンドで集めた資金は全て銀行に預けられ、運用会社が運用を指示します。どのような銘柄、債券、土地などに資金を振り分け、売買するのか。それは全て、運用会社が行います。そして、銀行は運用会社の指示に従い、預かり資産を振り分けます。このような形で、顧客から預かった資産は運用されており、資産は全て銀行によって保全されています。

信託とファンドとは何か

投資信託と呼ばれる仕組みがあります。一般的にはより広い意味を持つファンドという言葉と混同されることもありますが、この様なシステムの役割は個人単位では上手に資金の運用が行えないと言う人が、より経験が豊富な人に自分の資金を預けて代わりに資金を運用してもらうという仕組みのことを指します。この様な方法をとることによって経験が乏しい人でもある程度の利益を期待することが出来るようになります。この様な投資信託は、現段階ではまだ自分で考えるだけの経験がない、という場合に置いて非常に有効な選択肢であると言えるでしょう。

↑PAGE TOP