投資信託の基本を学ぼう

投資信託とはなにか

信託

投資信託販売会社の役割

銀行に預金をして利息が殆ど稼げないため、預金以外の様々な金融商品での資金運用の検討が多くの人によって行われています。その中の選択肢の一つとして投資信託が挙げられ、このうちのほとんどの商品が最低一万円から購入できて他の金融商品よりも購入しやすいため多くの人気を集めています。その中で販売会社は、運用会社が設定した商品を投資家に販売したり、売買の際に相談に乗ったり、アドバイスをしたり、決算期の分配金や解約時の解約代金や償還時の償還金の支払いをするという役割を果たしております。販売会社の対応の良しあしによってそれぞれの商品の購入額が左右される要素が強いという意味で重要な役割を担っているということができます。

信託のしくみ販売会社とは

投資信託はファンドを組成、運用を支持する顧問会社とその資産を預かる信託銀行、そしてファンドを顧客に販売する販売会社の3社がそれぞれの役割を担っています。販売会社(銀行もしくは証券会社)によって集められた資産は全て銀行に預けられる形で保全されます。そして、その運用は投資顧問会社が行う事になります。このように、それぞれの役割を分けておくことで、顧客の資産が不正に流用されたりする事を防いでいます。そして、資産として保有している株や債券などの名義は全て銀行の名義となっています。株主名簿に銀行が登場するのはそのためです。

↑PAGE TOP